カカが本田をかばう「時間が必要」

イタリア1部リーグ(セリエA)、ACミランの日本代表MF本田圭佑が、8日のウディネーゼ戦にトップ下で先発出場することが濃厚となった。7日付のガゼッタ・デロ・スポルト、コリエレ・デロ・スポルトの両紙が報じた。 報道によると、本田が司令塔の位置に入り、右にターラブト、左はロビーニョで中盤が構成される見込み。トップ下に入ることの多かったカカは、次週のCL(アトレチコ・マドリード戦)に向けて温存される可能性が高いという。

 日本代表として5日のニュージーランド戦にフル出場。約54時間の日本滞在で再びイタリアに戻るという、慌ただしいスケジュールを強いられている本田だが、現地メディアからは厳しい評価が続いており、いきなり結果が求められそうだ。

ページ一覧